マンション一括査定のデメリット

マンションの一括査定には、多くのメリットがあります。
しかし、デメリットもまた存在するもの。

マンション一括査定のデメリットはなんでしょうか?

まず、マンション査定のメリットからおさらいしましょう。

マンション一括査定のメリット

街の不動産屋にマンション査定をしてもらい、たった一社の査定額で、マンション売却に踏み切る人(売主)は少なくなりました。

マンションの一括査定は、ネット上で物件情報を入力すると、数社の査定書をいっぺんに入手することができます。

1軒ずつ不動産屋を訪問して、査定額を聞いてまわる必要はありません。
無理に引き止められたり、くだらない世間話に付き合う必要もないのです。

マンション一括査定のメリット

  • マンション売却が得意な不動産会社に依頼できる
  • 複数の不動産会社に査定を依頼できる
  • 各社の査定金額はバラバラ、査定価格を比較できる
  • 高い査定額の根拠・安い査定額の理由を聞ける
  • 不動産会社を比較することが容易
  • 査定サイトの運営会社で、不動産屋を厳選している

マンション一括査定のデメリット

マンション一括査定は、近隣マンションの成約データや取引状況の分析結果などを無料で受けることができるサービス。

一括査定の「無料サービス」ということが、デメリットに少なからず影響します。

一括査定サービスの運営会社は、査定に参加する不動産会社から協力金を受け取っています。
つまり、一括査定の運営会社にとって、本当のお客様は不動産会社であって、エンドユーザーではありません。

マンション一括査定のデメリット

  • サイトに個人情報を入力しなければならない
  • 不動産会社から営業行為を受ける可能性
  • すべての不動産会社に訪問査定されると面倒
  • 高い査定額で不動産会社を選ぶと危険

デメリット1.個人情報をサイトに入力

マンション査定サイトは、マンションを売りたい・資産価値を知りたい、という一般ユーザーを集客して。売主を探している不動産会社とマッチングします。

不動産会社は、売主候補の個人情報(連絡先)が欲しいのです。

インターネットで日用品を購入し、スマホで様々な決済を行うようになっても、個人情報をインターネットで入力することに抵抗がある人は少なくありません。

一括査定の運営会社は、個人情報漏洩がないよう細心の注意と管理体制を整えています。

運営会社にとっては、情報管理が生命線。
たった一度の失態でも運営サイトの存続を危うくするので慎重に管理しています。

 

運営サイトはプライバシーマークを取得して、個人情報の取り扱いに慎重です

 

デメリット2.不動産会社に営業をされる

査定サイトから、査定依頼の情報が入った不動産会社は、近隣マンションの成約データ・直近の経済動向などをレポートにまとめ、査定額と一緒に提示します。

なぜ、不動産会社が運営サイトにお金を支払ってでも査定をするかと言えば「自社からマンションを売り出して欲しいから」です。

つまり、マンション査定を依頼した人は「未来の売主候補」。
不動産屋としては、連絡先もあるわけですから、当然、営業をかけたいわけです。

しかし、しつこい営業はユーザーに嫌われています。
「必要なときに連絡ください」というソフトな営業の方が効果が高いことも不動産会社は分かっています。

以前ほど、しつこい営業をしなくなったので、安心して利用できます

デメリット3.訪問査定は面倒

マンション査定の方法は、机上査定・訪問査定の2種類があります。

机上査定は、担当営業が物件を見ることなく、机上計算だけで行う査定方法。
査定結果の受け取りも、メール・郵送、どちらかで、とてもスマートです。

マンション査定結果をメールで受け取る方法
マンション査定はメールで受け取りたい! このようなご要望を受けることが多くあります。 これは、不動産会社のしつこい営業行為を心配してのことでしょう。 机上査定限定になりますが、メール(もしくは郵送)でマンションの査定結果を受け取る...

訪問査定の場合には、担当者に部屋まで来てもらい、実際に部屋の状況を見て、査定します。

一社あたり30分程度が普通ですが、粘り腰の営業なら「その場で売り出してもらおう」と営業トークを披露するため、一時間ほど粘られることもあります。

6社に訪問査定を依頼すると、ひっきりなしに不動産屋が訪問査定に訪れるかたちになります。
土日を棒に振ることになりかねませんので、それなりの覚悟は必要でしょう。

まずは、机上査定をして、査定書の文面から3社ほどに絞り込むとスマート

デメリット4.高い査定額で不動産屋を選ぶと危険

マンションの一括査定では、不動産会社は少し高い金額の査定書を作成します。

これは、不動産会社が複数社が競合することを気にしているからです。

高く査定して、高いまま売れればなんの問題もありません。
しかし、相場より極端に高い査定額では、購入見込み客にそっぽを向かれてしまいます。

売主は、マンションを高く査定してくれる営業を好ましく感じるでしょう。
しかし、それだけで売却を依頼するのが危険なのです。

高い査定額をつけるだけなら誰でもできます。
問題は、売れるかどうか。
売れ残って困るのは、最終的に売主だからです。

高値で売り出して、時間をかけて値下げさせるのは、不動産屋の得意技です

 

まとめ

マンション査定は、単に相場を調べるためのツールではありません。

相場を知り、売り方を学んで、売れる不動産会社を選ぶことが真の目的です。

デメリットは便利さの裏返し。
売却で損をしないために、マンション査定を有効利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました